運転免許はどうやって取得すればいい?

たくさんの勉強をしよう

車を運転できるようになろう

このコラムをシェアする

改めて交通ルールを知ろう

言われなくても、交通ルールはわかっている人が多いと思います。
しかし車を運転する立場になれば、知らなければいけないことが増えます。
車は便利ですが、人を大ケガさせる危険性がある乗り物だと理解してください。
事故を起こさないように、授業を真剣に聞きましょう。
また教習所で、事故を起こしてしまった場合の対応も勉強します。

気をつけて運転していても、そのようなことが起こるかもしれません。
対応が早ければ、最小限の被害で済ませることができます。
絶対に事故を起こさないという気持ちで運転しなければいけませんが、万が一の事態に備えて、事故を起こした時の対応も絶対に知っておきましょう。
教習所では、詳しく説明してくれます。

教科書を渡される

教習所へ初めて行った時に、教科書を渡されます。
教科書に車を運転する方法や交通ルールが記載されているので、空いている時間に読むと勉強になります。
授業で習ったところを読むと、復習になります。
1回授業を受けただけでは、まだ完全に理解できていないかもしれません。
何度も、理解できるまで復習してください。

まだ習っていないところを読むと、予習になります。
一通り教科書の説明を呼んで、わからないところにマークをつけておくといいですね。
すると授業中、どの部分に注意して説明を聞けばいいのかわかります。
それでもわからなかったら、講師に質問しましょう。
わからないところがあったら、早めに解決してください。
そのままにしていてはいけません。